金井重要工業

先輩の指導・後輩の不満

社会人として動き出すと主体的に考えて働くことを求められます。つまりある程度自立した後輩に対して先輩は仕事のやり方の全てを丁寧に手取り足取り教えてはくれません。しかし、一見投げやりであったり理不尽と感じる先輩の仕事の振り方や指導には先輩の想いや愛情がしっかりと詰まっています。

先輩はどのような想いで指示出しているのか 不満を持ちながらも仕事を終わらした後輩はどう感じたのか

今回はそんな先輩の指導と後輩の不満の一部をお見せします!

社会人として動き出すと主体的に考えて働くことを求められます。つまりある程度自立した後輩に対して先輩は仕事のやり方の全てを丁寧に手取り足取り教えてはくれません。しかし、一見投げやりであったり理不尽と感じる先輩の仕事の振り方や指導には先輩の想いや愛情がしっかりと詰まっています。

先輩はどのような想いで指示出しているのか 不満を持ちながらも仕事を終わらした後輩はどう感じたのか

今回はそんな先輩の指導と後輩の不満の一部をお見せします!

先輩の指示と後輩の想い

金井先輩/営業部

社長室で採用業務をやってほしい!

後輩の河井/営業部

採用より機械をいじったりしたいのに...
理系機電系で技術職として働こうと思ったのに
何故社長室で文系職種の採用人事・職場改善として配属されたのだろう。
機械をいじったりしたいのになぁ…

先輩の意図

金井先輩/営業部

社会人としての基礎も身に付けることが必要だ
彼は技術職として将来バリバリ働いてほしいが、
まだまだ学生気分なので社長室で働くことにより社会人としての基礎を身に付け、
更に採用人事として多くの人とかかわることでモノだけでなく人も扱えるスペシャリストになるべく、将来を見据え今は社長室で頑張って欲しい!

成功体験

後輩の河井/営業部

社長室長と仕事をすることで新たな学びが生まれた
理系なので開発や製造などを希望していたが、自身の考え方は狭かった。
自分が得意と考えていなかった新しい分野で仕事をすることによって新たな気付きが生まれ、社長室長と仕事をすることで新たな学びが生まれ、人間的にとても成長した。

金井先輩/営業部

必死に頑張っている姿は頼もしく感じた
得意分野ではないところで必死に頑張っている姿は頼もしく感じるし、日々もがきながらも仕事に立ち向かっていく姿は今後の会社生活でも活きるはず。
今後の彼の成長・活躍がますます楽しみだ。

retop

コンテンツ一覧

×