金井重要工業

採用担当者ブログ

  • 新入社員入社【入社式や六甲登山など】

    ニュース/お知らせ

    金井重要工業の日常

    2018/4/11

     

    こんにちは、採用担当の岡本です。

    ついに4月となり新年度を迎え、総勢7名の新しい仲間が金井重要工業にも入社してくれました!

     

    今回の記事では本社研修を受けている彼らの初々しいくも緊張している姿をお届けいたします!

     

    初日は入社式と会長・社長・取締役との食事会が行われました。

    DSC_0137

     

    最初は緊張しながらの自己紹介や受け答えでしたが、徐々に緊張もほほほぐれてゆき、

    各々が会長や社長、取締役へ聞きたい質問をどんどんしていき、次第に場も和んでゆきました。

     

    会長・社長のプライベートなお話や会社の今後のビジョン、夢など様々な質問が飛び交いました。

    自分たちがこれから働く会社が改めてどのような想いをもって、どの方向に向かって進んでいくのかを

    理解できた、そんな食事会だったと思います。

     

    ただ、新入社員に終わってから感想を聞いてみると、

    『話の内容はおぼえているけど、お弁当の味は思い出せない…』とのことで

    やはり、いきなり会長、社長と対面しての食事は緊張は抜けなかったようですね。

     

    初日以降は座学を中心に本社で行っている仕事の説明やビジネスマナー研修などを受けてもらいました。

    就業規則や保険、ITセキュリティなど、少し眠たくなるような話が続きますが、どれも自分を守る大切な

    お話です、そうした、ところから少しづつですが社会人とはなにか、働くとはどういうことかについて理解を深めてゆきました。

     

     

     

    4日目には本社研修名物『六甲登山』です。

     

    阪急芦屋川の駅に集合し、六甲山山頂を目指して登山開始です。

    まずは最初の目的地である『風吹岩』を目標に登ってゆきます。

     

    登山道に入る前の茶屋にて撮影(まだまだ全員余裕の表情です)

    DSC_0035

     

    ちなみにそこにあったあまりにも雑過ぎないかと思ったコース案内がこちらです↓

    DSC_0037

     

     

    コース案内や登山道を歩きながら歩みを進めながら『六甲登山って意外と楽かもなぁー』なんて思っていると

    突如現れたのが傾斜のきつい岩場の道でした。

    流石に一般コースということもあり、見た目は登りにくそうですが、しっかりとルートが整備されており

    すいすいと登っていけました!

     

    20180405六項登山_2

     

     

    岩場や坂道を登っていくと、途中何回か開けた場所出でることあり、

    その度に、『風吹岩についた!…あ、違うわ』を繰り返しながら登り続けました。

    それでも少しづつ標高は上がってゆき、神戸の街を一望できるような景色が徐々に

    見え始めます。

    20180405六項登山_10

     

     

    そして、ついに最初の目的地である風吹岩に到着!!

    登山開始から40分くらいでたどり着きました。

    空気も澄んでおり、天気も良くなってき絶好の登山日和という感じが出てきて、

    全員の意欲も上がってゆきます。

    20180405六項登山_15

     

     

    ここからは山頂を目指してとにかく登り続けました。

    途中、小川が流れていたり、ものすごく険しい岩場を登ったりして、

    前日に雨が降ったこともあり、足場は悪かったですが、

    趣味などのプライベートな話も踏まえて、ワイワイしながら登山を楽しみました。

    20180405六項登山_20

     

     

    そして!ついに山頂へ到達!!

    六甲山頂931mへ無事たど着きました。

    山頂はあいにくの少し曇り空でしたが、やはり周りの景色は素晴らしく、

    六甲山最高峰931mの目印を目の当たりにすると、大きな達成感を得られました。

     

    ちなみに山頂の茶屋で食べる、カレーはかつ丼は格別です!!

    (おそらく、ハイな状態になっているからだとは思いますが(笑))

    以前登った時の写真ですが、天気が良ければ、右側のような景色を見ることが出来ますよ!

    20180405六項登山_30DSC_0008

     

     

    さて、山頂までたどり着いた後は、有馬温泉へ移動です!

    有馬温泉には金井重要工業の子会社『温泉旅館 古泉閣』があります。

    六甲登山で疲れた体を温泉でゆっくり休めます!!

    古泉閣は有馬温泉でも数少ない、元湯を持っている旅館です。

    自家源泉から湧き出る金泉と呼ばれる、湯につかりながらゆっくりと身体を癒します。

    古泉閣は元湯のほかに庭園も魅力であり、新入社員とともに温泉と庭園を楽しみました。

    20180405六項登山_34 20180405六項登山_31

     

    温泉につかり、身体をリフレッシュさせたら、有馬の街の参加へ向かいます!

     

    まずは、当社の3代目社長であり、世界的切手コレクターであった、金井宏之氏の切手コレクションが

    展示されている、有馬切手博物館の見学です。

    世界的に有名な切手や日本で最初の切手など、日本の歴史とともに歩んできた切手を見ることができます。

    自分の誕生年の切手や出身地域の切手などを探しながら、切手博物館の説明を受けて普段知ることのない

    知識ををしることが出来ました。

    1522906026809

     

     

    博物館を訪れた後は、有馬の街でお土産や食べ歩きなどを楽しみました。

    賞味期限5秒の炭酸せんべいやコロッケ、お団子、スムージーを楽しみながら

    有馬の街を堪能しました。

    20180405六項登山_40 20180405六項登山_38

     

     

     

    本社研修最終日の5日目には金井社長と3時間の懇親会を開きました。

    初日の食事会では聞けなかったことや六甲登山中に考えた質問などをどんどん聞いていく新入社員達。

     

    夢はなんですか?

    お休みの日はなにをしていますか?

    会社のビジョンについては教えてくださいなど

     

    それ以外にも、ここでしか聞けないような壮大な話など、彼らにとって本当に濃い3時間となりました。

     

    そして、最終日最後は辞令の交付です。

    三村常務より働くことについてや、仕事を行っていく上での心得、新入社員としてのあるべき姿など

    今後の研修で心得ておきたい教えも多く、また、どれだけベテランになってもいつまでも忘れてはならない

    そんな内容のお話でした。

     

    最後には1人1人三村常務より辞令を受けてとり、来週以降の工場研修や製造現場での社会人生活のスタートを実感します。

    DSC_0181 DSC_0165

     

     

    以上が、本社研修のダイジェストになります。

    おそらくここで紹介できなかった、新入社員の個人プロフィールについては、彼ら自身がまた、

    ブログ記事を書いてくれると思うので、そちらを楽しみにしてくださいね!

    1人1人個性的で、記事がかなり長くなるので、今回は割愛します。

     

    また、金井重要工業の新入社員研修は実は他社とは異なっている点が1つあります。

    それは、この研修を作成してる『人』です。

     

    この研修を設計している人は誰か?

    実は、彼らの1年先輩が研修を設計しています。

     

    金井重要工業では、研修を受けたからこそ、わかることや不満に思う事、もっと知りたかったことがあると考え、

    毎年、入社して研修を終えてから、次の新入社員が入るまでの1年間、自分たちの後輩が受ける新入社員研修の

    設計を行います。より面白く、より学びがあるように、そんな研修を設計していくことで

    年々ブラッシュアップされた新入社員研修を創ることが出来ます。

     

    もし、ご縁があり、金井重要工業に入社することになれば、今年の新入社員の彼らが作成する新しい

    新入社員研修を楽しみに入社してくださいね!!

     

    六甲登山などの大枠は変わりません!というか変えません!!

    (私が個人的に楽しかったので(笑))

     

    では、随時ブログを更新していくので、次の記事でお会いしましょう!!

    ご安全に!!

     

     

     

retop

コンテンツ一覧

×